ご参加くださった法人様、薬学生の皆様、ありがとうございました。

薬学生、まさかの買い手市場?

「薬学生は売り手市場」というイメージが一般的ですが、
ご参加いただいた薬学生の中には、そう思っていない方もいました。

北海道の中小地域密着希望の場合、採用枠が限られているため、
人気の薬局はライバルが多く、買い手市場」状態になっているケースも。

「自分もですが、周りも中小の地域密着薬局希望が多いです。
 採用枠が限られているので、行きたいところに行けるか不安です…。
 第1希望に行けなかったときのために、他の企業も見て候補を増やしています。」
(北海道科学大学・5年生)

特に、札幌市内など人気エリアではなおのこと。

「薬学生は売り手市場だし、薬局の選考は落ちることない」
なんて胡坐をかいてはいられませんね…!

4年生も今から就活?!

今回は4年生も数名ご参加いただきました。
2019年度から実習時期が前倒しになり、
それに伴って就職活動も早まっている傾向は見られます。

ご参加されていた4年生に話を聞いてみると、
「正直、バイトや実習の準備で忙しく、
 就活にあまり時間を割ける時期ではない…
 でも、いまの先輩たちを見ていると、
 早いうちに企業の情報を集めた方が良さそうなので。」

早く就活も進めたいけど、意外と時間がない…
というモヤモヤ状態の学生さんもいました。

漠然と「就活しないと!」と思うと、
やるべきことが膨大で焦りますよね。

・春までに1回就活イベントに行く
・夏までに1社インターンに行く
・夏までに内定もらった先輩に話聞く
など、ざっくりスケジュールをイメージすると、
焦らず計画的に進められま。

ご参加法人様 / 企業の話は企業PRだけではない!

ご参加いただいた企業様より、

「薬剤師になるために6年間も大学に通って、
 やっとの想いで薬剤師になっているはずなのに、離職率が高い
 それは就職活動がきちんとできていないからだ。」

就職活動の重要性についてのお話もありました。
「すごく為になりました」と感銘を受けている学生も。

企業の情報収集をするだけでなく、
様々な人と話すことで、普段得られない気づきを得られることもあります。

ご参加法人の皆様、貴重なお話ありがとうございました!

 

<ご参加法人様>

・株式会社カエデ様

・センター薬局グループ様

・株式会社オストジャパン様

・有限会社マスト様

・株式会社中央薬局様

・有限会社アクティ・サプライ様

※順不同

( 執筆・石川紗友里 )

こちらの記事もおすすめ