病院には、急性期、慢性期などの機能分類があるかと思えば、

回復期リハビリテーション病棟、地域包括ケア病棟などの分類もあり、正直よくわからん!という方も多いんじゃないでしょうか。

学生のみなさんにもとことん分かりやすく解説していきます。


今回は、《STEP1 基本のキ。医療機能による分類》

病院は医療法に基づく義務で、病棟ごとの医療機能を毎年国に報告しています。

その分類がこちら↓

高度急性期機能

急性期の患者に対し、状態の早期安定化に向けて、診療密度が特に高い医療を提供する機能

三次救急(高次救命救急センター、救命救急センター)の指定を受けているところやICUのあるところは高度急性期です!

急性期機能

急性期の患者に対し、状態の早期安定化に向けて、医療を提供する機能

二次救急(入院を要する救急医療施設)や一次救急(休日夜間急患センター)の指定を受けているところもあります!

回復期機能

急性期を経過した患者への在宅復帰に向けた医療やリハビリテーションを提供する機能

勘違いされることもありますが、リハビリ機能がないから回復期機能がない、という訳ではありません!

慢性期機能

長期にわたり療養が必要な患者を入院させる機能

高齢者だけでなく重度の障がい者、難病患者の入院も機能のひとつです!


実際の病棟には様々な機能があるので、メインの機能を報告しています。

一般に『急性期病院』や『慢性期病院』といわれているのは、この機能分類に基づくことが多いのではないしょうか。

また、慢性期とそれ以外の混合型は『ケアミックス病院』と言われます。

このあたりまでは薬学生さんなら「知ってるよ」って方も多いかもしれませんね。

次の投稿では、さらに診療報酬上の分類についてお伝えします!

 

参考:厚生労働省「医療機能の選択にあたっての考え方について」
   厚生労働省「救急医療機関と後方病床との一層の連携推進など」
   厚生労働省「病院経営管理指標及び中小病院の経営の方向性に関する調査 」

こちらの記事もおすすめ