今回は就活の準備をする薬学生が、この夏しておいたほうが良いことの今までの記事のまとめです。
もしまだ行動に移せていない項目があれば、試してみてください。

①自分がどうなりたいか!?
コロナの影響でインターンシップや実習活動がなかなか進まない中、自己啓発、自己分析をするのもよいでしょう。社会人になる自分のイメージがつきにくいこともあるかもしれません。理想と現実のギャップは必ずあります。
今できることは世の中のことを調べ、自分が何がしたいのか考えることです。

②OB・OGの話を聞く
先輩やご両親などの話を聞いて視野を広げましょう。様々な情報収集は欠かせません。
身近にいる方達から盗むことも大事です。また大学の就職課の方から、OB・OGがどのような法人に就職しているか、情報を集めてみましょう。

③スケジュール管理をする
スケジュール管理をして、自分の優先順位を決めます。研究や実習よりも就活を優先するようなことがあれば、本末転倒です。業界研究、インターンシップ、国試対策のおおまかなスケジュールを決めてから、興味のある方は就活イベントに参加しましょう。

 

 

Web形式での就活イベントは随時、いろいろな会社で行われていると思いますので、上記のやるべきことが終わっている方々は、ぜひ1度、イベントへの参加も検討してみてください。

こちらの記事もおすすめ