こんにちは!

最近一気に、肌寒いを通り越して寒くなってきましたね!

一般企業に就職を目指している学生も、医療業界の会社に就職を目指している学生も、

そろそろ本格的に将来の事を考えていく時期になってきましたね。

(もちろん、既にもっと前から色々考えている学生も。。。)

 

さて、本題ですが

みなさんの就職したい先は大手ですか?中小ですか?

実際、私も当時就職する際は、やっぱり大きい会社がいいかな?

という漠然とした考えは持っているものの、

何をもって大きい会社がいいのか、知名度?従業員数?展開エリア?

色々な事が不透明な中、就職した事を覚えています。

 

ただ、どちらにもメリットが存在して、

きちんと自分の性格や個性に合った就職先を見つけてほしいので

大手と中小、それぞれのメリットをご紹介します。

 

【大手企業】

・経営基盤がしっかりしており、将来的にも安定している

・教育、研修がきちんとしている

・福利厚生がしっかりしている

・事業展開もしており活躍できる幅が広がる

・人手が足りなくて業務過多になる事もない

・評価制度も整っており、モチベーションの維持ができる

・気兼ねなく休める

 

【中小企業】

・社長との距離が近く意見の反映スピードが速い

・人間関係も密で関係性も良好なケースが多い

・昇給や昇格は制度で決まるケース以外にも多い

・仕事の裁量を与えられるので成長スピードも速い

・経営に携われる

・患者との距離感も近くコミュニケーションも取りやすい

・相談事も親密になって聞いてくれる

 

規模で分けて7つずつ挙げてみましたが、予想通りでしたか?

それぞれの良さはあるとはいえ、大手にあって中小にないとも限らないです!

 

例えば、有給に関して。

大手は確かに社員が多く人員の配置も考えられているので

計画的に有給なども取れるかもしれませんが、

今は法律上有給は年に最低でも5日は取得しないといけません。

5日取る事実は変わらないとすると、有給を取得するまでの過程。

申請だったり、誰かにお願いする場面もあると思います。

 

自分はどんな場面だと気持ちよく仕事ができ、どんな環境だと成長ができるのか?

自分の性格や個性を判断軸として就職先を探す事をお勧めします。

 

皆さんが大切にしていることを優先にでき、

医療従事者として、地域に根差して長く活躍できる就職先が見つかる事を祈っています!

こちらの記事もおすすめ