薬学生の体験談をご紹介するこのコーナー。

今回は、福岡大学5年・平良若子さん
実務実習」体験談を取材しました!

病院実習での患者さんとの出会い

病院実習の経験をきっかけに
病院に就職すること」を決めた平良さん。
実習中にどのような経験をされたのか取材しました!

CB石川:
実習中、進路を決めるきっかけになるような事があったのでしょうか?

平良さん:
ある患者さんを担当させていただいたのですが、その患者さんが、まだ学生の私に対しても薬剤師として頼ってくれたんです。
市販薬の飲み合わせや、苦い薬の飲み方について相談してくれて宿題として調べてねと、私に任せてくださったんです。

CB石川:
どう解決したんですか?

平良さん:
自分で、患者さんが使っている薬の製薬会社に問い合わせました。
薬の飲み合わせを確認して、飲み方についても聞きました。オレンジジュースなど酸性の飲み物や牛乳だとむしろ苦さが増す薬で、ブドウジュースなどの塩基性の飲み物と一緒なら飲みやすくなる、ということを私も初めて知ることができました!

CB石川:
すごい行動力!その患者さんは、実習中ずっと担当していたのですか?

平良さん:
いえ、途中で退院されました。でも、退院後に、外来でまた来る機会があったんです。
薬剤部まで直接ピンポンしにきてくれて、あの時はありがとう。頑張ってね。」とお守りを渡してくれたです。

CB石川:
漫画のアンサングシンデレラみたいなエピソードですね!それで病院で働きたいって思ったんですね?

平良さん:
他にも、医師の先生から患者さんの処方内容について、薬剤部に相談が来ることも多かったのですが、「せっかくだから考えてみて」と私に考える機会をいただけたんです。
実際に自分で患者さんに向き合って考えるのがとても楽しくそれも病院薬剤師になりたいと思った理由です。
あと、私は忙しいのが好きなので(笑)、病院薬剤師向いているかな~と。

CB石川:
忙しい中でも楽しく働く平良さんの姿がイメージできます(笑)

▼平良さんが患者さんからいただいたお守り
(全部手作りで薬剤部のスタッフの方々、実習生の分もあったそう)

 

沖縄でのふるさと実習の過ごし方

CB石川:
地元の沖縄で病院薬剤師として働きたい、ということで絶賛就活中かと思いますが、情報収集はどうしていたのですか?

平良さん:
沖縄出身だと、実習中は沖縄に戻れるので、実習期間中にいくつか病院見学に行きました。

CB石川:
インターンなどに応募されたんですか?

平良さん:
いえ、気になる病院には自分で連絡をして、見学させていただきました。
あとは、実習生同士での情報交換がすごく役に立ちました。

CB石川:
どうやって情報交換するんですか?

平良さん:
沖縄はふるさと実習ということもあって、期ごとに集まって飲み会をするんです(笑)

CB石川:
沖縄っぽい(笑)

平良さん:
はい。私は病棟業務がしたいので、病棟配置している病院がどこか、教えてもらいました。
あとは「あそこ雰囲気いいよ」とか、それぞれの実習先がどんな感じかも話していましたね。

▼実習メンバーと

 

*****

沖縄の病院薬剤師を目指して、就職活動中の平良さん。
就職活動、卒業研究、国家試験を乗り越えて、病院薬剤師として楽しくハードに働かれる姿を楽しみにしています!

 

■インタビューにご協力いただいた学生さん
福岡大学5年 平良若子さん

■取材執筆
CBコンサルティング石川紗友里

 

こちらの記事もおすすめ