「この就職先でずっと働きたかったのに」

就活が無事終わり、入社してみると

想像していた仕事・現場の雰囲気ではなかった…

という就職先ミスマッチは起こりやすいものです。

特に、社会人初めての就職先は

キャリアを形成する為にとても重要ですよね。

就職先を選択するコツは主に2つあります。

今回はその方法をお教えします!

この記事をご覧頂いた方の就職先ミスマッチが

少しでも減ることを願うばかりです。

就活に失敗しない方法①企業を知る

入社したものの、途中で自分と就職先のギャップに気づいて

やむなく辞めてしまうことは避けたいですよね。

先日こんな方に出会いました。

学生の頃から「病院薬剤師になりたい!」と思っていた方でしたが、

月曜日から土曜日までを通じ、毎日朝から晩まで勤務していたため

もう少しプライベートの時間も大切にしたいという考え方を持った方でした。

しかし、もともと病院薬剤師を志望していたため、

「有名な病院に就職が出来たのに…」という気持ちや

「叶えた夢を手放してしまうことは出来ない」

という気持ちで揺れ動き、悩まれていました。

就職先について知っておかなければ

上記のような出来事が起きてしまう可能性があります。

その為、就職先について知ることが大切です。

ですので、「あの薬局・病院有名だから…」

そんな理由で就職先を決定することはやめましょう!

 

就活に失敗しない方法②就職先を探す前に自分を理解する

将来・働き方・給料
あなたの「仕事において」一番大事なことは何ですか?

「社会に出て何がしたいのか」
「自分が大切にしたいことは何なのか」
「社会でどんな人になりたいのか」
「どんな働き方が合っているいるのか」

このように自分を知っておくことで

就職先が決定しやすくなります。

過去の出来事を洗い出して、深堀りすることで、

自分の考えや性格を理解することが自己分析です。

自分の考えが分かれば価値観も理解することが出来るので

まずは実際に自己分析をしてみましょう。

就職先をどうすればいいのか。

悩んでいる学生さんも多いかと思います。

一度、自分に合う企業を探しに来られてはいかがでしょうか。

CBコンサルティングでは

企業×薬剤師の交流会を定期的に開催しております。

あなたに合った企業で働きませんか?

こちらの記事もおすすめ