就職活動において、最初の関門の多くは書類選考。

大手企業の内定を複数獲得し、現在フリーランスのWEBライターとして

活躍する友人に「伝わる」エントリーシートの書き方を聞きました!

※あくまで筆者友人の体験談なので、すべての企業に共通するものではありません。

STEP1 社会人の常識。基本のポイントを抑える

・日付欄は、提出日の日付で書く。
 失敗例)ESを書いた日付を記入する 

・学校名や社名を正式名称で記載する。
 失敗例)「株式会社」を「(株)」と書く 

・一文を長くしすぎない。
 失敗例)一文の中に読点(、)が4つ以上ある 

この辺のルールは社会人の慣習みたいなものなので、早く慣れてしまうことです!

STEP2 さらに常識。きれいな日本語を使う

・同じ助詞や接続詞を続けて使わない。
 失敗例)「また、~。また、~。」 

・社会人の言葉を使う。
 失敗例)さ入れ言葉、ら抜き言葉 

・「おられる」を尊敬語として使わない。
※「おる」は謙譲語に分類(参考:文化庁「敬語の指針」

関西では方言で「おられる」を尊敬語として扱いますが、誤解を生まないためにも「いらっしゃる」を使ったほうが身のためです。

私は奈良県出身なので、社会人になってから先輩に教え込まれました・・!

STEP3 簡潔に一言で、自分をユーモアに表現する

よく「結論ファースト」と言われますが、忙しい社会人はまず結論から知りたがります。

さらにその「結論」は、よりキャッチーでユーモアがあったほうが良いそうです。

こちらが実際に提出したエントリーシート。

「平成生まれの手塚治虫」。非常にキャッチーですね!

企業ごとにESの形式は違うので、ここまでの完成度は難しいと思いますが、『どう簡潔に自分らしさを表現するか』は就職活動全体で大切な要素かもしれません。


薬学生のみなさん、エントリーシートや就職活動に関するご相談は、CBの公式LINEでもお受けしています!

▼ご相談方法▼

step1: こちらからLINEでCBコンサルティングを友達追加

step2:「就活相談希望」とメッセージを送信

step3:担当者よりご連絡いたします

※うまくいかない場合は、お問合せください。

こちらの記事もおすすめ